テーピングの重要性

テーピングという言葉は、誰しも一度は聞いたことがあると思いますが、実際に体験されたことはありますか?

スポーツ選手に対してはもちろん頻用されますが、スポーツに限らず、外反母趾や足底腱膜炎といった疾患に対しても用いられます。

当院では、副院長である川野哲英先生考案のファンクショナルテーピングを行なっています。1本1本のテープに大切な意味があり、関節及び筋肉の機能に着目して行われるテーピングです。

私自身も日々勉強させて頂きながら、その効果に驚いております。

ご興味のある方は、ぜひスタッフへお声かけください。